Insolvencia Empresarial Navarro Llima Abogados Zaragoza Mecanismos legales

経営破綻の回避メカニズム

企業の存続にとって倒産を防ぐための早期の対策は極めて重要です。

生産構造の悪化を緩和し経済成長を促す目的で、2023年の破産法の施行により、リストラと破産に関する指令の置き換えが行われました。

 

この新規定は、経営難に直面している企業が、効果的かつ予防的な再建手続き行い、事業を継続できるようにすること、また起業家が債務救済を受け、再起のチャンスを得ることや自営業者や零細企業の破産手続きの迅速化を目的としています。

今回ナバロ・ジマ法律事務所は事業再構築を促す経営破綻の回避メカニズムを紹介します。

Insolvencia Empresarial Navarro Llima Abogados Zaragoza Mecanismos legales

再建計画

これは破産前の段階で取られる処置で、承認された借り換え契約や超法規的支払い契約に置き換えることを目的としています。

これは「債務者が向こう2 年間に期限が到来する債務を履行できないと予想される状況」と定義され、破産の可能性がある時点で開始できるプロセスです。

経営危機から脱するための、貸借対照表(資産、負債、自己資本)の条件や組み立ての変更が可能で、これにより債権者およびあらゆる種類の債務に影響を及ぼし、影響を受けるすべての債権者は、再建計画の承認と投票に参加する権利を持つことになります。

例としては、債務の削減や資本化、物品提供による債務清算、支払日や保証の変更または解除などです。

Insolvencia Empresarial Navarro Llima Abogados Zaragoza Mecanismos legales

セカンド・チャンス

この制度は、個人や自営業者(自然人)が支払い不能の状況にある場合に、債務を再交渉したり、全額または一部が免除される仕組みです。

この制度を利用するには、セカンド・チャンス法で指定される一連の要件を満たす必要があります。これにより、債務者は民法第1991条に規定されている財産責任の原則「債務の履行については、債務者は現在および将来のすべての財産で責任を負う」が除外されます。

Insolvencia Empresarial Navarro Llima Abogados Zaragoza Mecanismos legales

小規模の企業向け特別破産手続き

小規模の企業が存続できる可能性を高めるために、この手続きはより迅速で低コスト、簡素かつデジタル化された破産手続きになっています。

この特別破産制度を適用できるのは、法人または個人で事業や専門的な活動に従事している者であり、適用を開始する前の年において、フルタイムの従業員が10人未満であり、年間売上高が75万ユーロ未満、または負債が35万ユーロ未満である場合です。

ナバロ・ジマ法律事務所は企業の破産を救済すべく様々な手法に精通しています。私たちが適切な法的手続きをサポートいたします。

No Comments

Post A Comment

Este sitio web utiliza cookies para mejorar la experiencia del usuario. Al continuar navegando aceptas su uso. Más información

ACEPTAR
Aviso de cookies